​わたしたちの想い

暮らしのなかに学びのすべてがある。
喜怒哀楽のすべてがある。
そして人は、それを味わい尽くせる力がある。
それは特別なことではなく
季節を感じながら、一緒に暮らすこと。
そんなふうに育っていけたらいいね。
​子どももおとなも。

01.

けんか・・・

けんかが始まっても簡単には止めません。

言いつけに来ても、

共感はしますが口出しはしません・・・

02.

​“らしさ”とは?

らしさを決めるのは、

いつだって自分以外の

誰かからの目線の決めつけ・・・

03.

気配をけすこと。

きっかけをつくる。

けれど、気配をけして、

​だけどいつでも見守っていること。

らしさ
気配をけす
けんか
*正面にきた写真をクリックすると、キャプションが表示されます。

実例をいくつか挙げていますが、あくまで例であって、

同じ言動・行動であったとしても、

ある時は叱り、ある時は叱らないことも、当然あります。
 

日頃の動向や言動、暮らしのなかで積み重ねてきたもの、

それに関わった子どもたちとの関係性、など・・・

一緒に暮らすなかで、共に感じながら、みまもっています。

大切なのは叱ることではなく、本人が感じること。

大人を意識してしまった、言葉だけの「ごめんなさい」よりも、

“ごめんなさい”と、心で感じることの方が大切だと考えています。

  • White Instagram Icon

© Copyright 2016 わくわく子どもえん

All rights reserved.

連絡先

電話: 092-326-5994

メール: wakuwakuhoiku96@yahoo.co.jp

住所

〒819-1641

福岡県糸島市二丈吉井4147-1

(JR筑肥線 福吉駅から徒歩5分)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
気配をけす

例えば、子どもと遊ぶのがとても上手な大人が居たとします。 子どもたちは、たのしくって楽しくって、その大人と一緒になって遊びます。 もちろんそんな日があってもいいでしょう。 ただし、わくわく子どもえんの暮らしのなかで、大人たちは気配を消します。 子どもたちは、もしも大人の存在をそこに感じたら… 褒められるために高いところから飛び降りようとする、 左右を見ずに横断歩道を渡ってしまう、 けんかして手を出したいのに我慢する、 そこに大人という絶対的な存在を感じるがための行動となってしまうのです。 「走らないの!!」だから、子どもは走るんです。 基本的には自分で感じて、恐い・危ない・痛い・楽しい…を感じながら 暮らしていくことを大切にしています。 だから大人たちは、 とてもとても難しいのですが、きっかけはつくりつつ、気配は消して、 だけど本当は心配とかわくわくとかしながら、いつでも見守っているのです。