• White Instagram Icon

© Copyright 2016 わくわく子どもえん

All rights reserved.

連絡先

電話: 092-326-5994

メール: wakuwakuhoiku96@yahoo.co.jp

住所

〒819-1641

福岡県糸島市二丈吉井4147-1

(JR筑肥線 福吉駅から徒歩5分)

  ただいま、暮らしスタッフを募集中。

わくわくっ子たちと、

自然のなかで一緒にあそび、暮らしを感じてみませんか。
保育士免許がなくてもかまいません。

福岡市のお隣、糸島市で、お待ちしています。

お問い合わせはコチラ

ようこそ

​わくわく子どもえんへ

私たちは、以下のような理念のもとに、

子どもたちと日々『暮らし』を紡いでいます。

**********************

 暮らしの中に学びのすべてがある。

 喜怒哀楽のすべてがある。

 そして人はそれを味わい尽くせる力がある。

 それは特別なことじゃなく

 季節を感じながら一緒に暮らすこと。

 そんな風に育っていけたらいいね。

 子どももおとなも。 

**********************

​さぁ、わくわく体験へ♪
百聞は一見にしかず。
まずは、わくわくの子どもたちと一緒になって、
自然のなかへ探険に行ってみませんか?
「もしかして、うちの子だけかしら?」
「こんなときどう考えたらいいの?」
 日々起こる子どもたちの変化、それは成長ともいえます。
 同時に成長すべきは、私たち自身なのかも知れません。
​ 一緒に、“わくわく”子育てしましょう。
私たちの大きな家族の一員として、
わくわく子どもえんの『今を生きる子どもたち』を
​皆さんと一緒に育て、一緒に守ってください。

​日々、わくわく。

April 10, 2018

年長さんたちにとって、卒えん前最後のどんぐり教室の時間でした。

“ムササビに似たモモンガ”という難しいイメージがお題にあった、

たいちゃんの絵を、なつが笑ったときのこと・・・。

いつもなら、

怒って、絶対に絵が見えないように隠して、

そこからは問題どころじゃなく、とにかく見られないことに必死だったたいちゃん。

だけど、今日は違っていて、

ふいっと部屋を出てしまい、戻って来た時には涙がポロポロ・・・。

「なんで泣いてるとー?」と言うなつに、

「絵を笑うなんてひどいよ・・・」とたいちゃん。

そんなつもりじゃなかったなつと、

そんなつもりじゃなかったとしても、...

March 5, 2018




昨日もみんな、しっかりとどんぐりの準備をして待ち構えてくれていました♪
いつもみんなの絵がとっても素敵です。

こたえに繋がる質問にとどり着く前までのお話の世界を、
たっぷりと楽しむ子もいます。
こたえに繋がる質問がどう来るのかを、気にしながら書いている子もいます。
こたえに繋がるかどうかが分からないと、書き進まない子もいます。

みんないろいろです。


どんぐりが目指すところは「絶対学力」の獲得。
どんぐりで言う「絶対学力」は「人生を楽しく生きていく力」のことです。

どんぐり問題は算数の文章問題の形をしているので正解とい...

January 1, 2018


新年明けましておめでとうございます。

わくわくした2017年から、
新たなわくわくと出逢う2018年、
わくわくっ子たちは、
晴れの日も雨の日も雪の日も、
今日も探険に出かけています。
 



暮らしのなかに学びのすべてがある。

喜怒哀楽のすべてがある。
そして人は、それを味わい尽くせる力がある。
それは特別なことではなく
季節を感じながら、一緒に暮らすこと。
そんな風に育っていけたらいいね。

子どももおとなも。


2018年もよろしくお願いいたします。
 

September 2, 2017

もうなにもいらない。

あなたたちがあなたたちのまま
そうやってそのまんまいてくれるなら
それにいるもんだけ あればいい。

もう充分。
いるもんはここにある。

 

August 26, 2017


いつもの海を横切って
いつもと違うビーチへ。

うようよ泳ぐおおきな魚やしましまの魚。
飛び込める意思や流れの違う潮。


たしかめながら、たのしみながら、、、
なんでもない毎日の暮らしのなかに
なんでもある。

April 3, 2017

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題を使った時間を、年長さんと一緒にやってみようと思います。 

わくわく子どもえんの、小学校になる準備は「読み書き計算」ではありません。 

わくわくっ子はわくわくでの暮らしの中で、日々体感を通してたくさんのことを学んでいます。 

図鑑を知らなくても、どの草が食べられて、どの木に美味しい実がなるかを知っています。 

絵本を自分で読めなくても、さむいさむい冬や、
夏の日の太陽の眩しさをおとな以上に感じることが出来ます。 

天氣予報なんて知らなくても、雨が降りそうな空の様子も、台風の風の強さ、海の波のすごさも分かってい...

December 31, 2016

明けましておめでとうございます。

本当に多くの方々に支えられて、
わくわく子どもえんも無事に新年を迎えることが出来ました。

昨年のクリスマスにリニューアルしたホームページに

新しい取り組みをいくつか紹介させていただきました。

わくわくの暮らしを、より豊かに長く続けられるようにするためにはどうしたらよいのか・・・と、
悩み苦しみながら皆で思案し決断した一つの結論です。

単に経済が豊になれば暮らしが豊になるとは思っていません。

貧しいことが悲しいことでは無く貧しさに悲しむことが本当の貧しさだと考えています。

全国の保育者の待遇の低さが、新聞やテレビで...

November 8, 2016

わくわく子どもえんでは、毎年恒例の全員参加の行事があります。

それは、田植え、稲刈りです。

私たちの身体と心を育んでくれる“食”。

この食の原点として、お米の生きていく姿を目の前でともに感じるために、​

糸島市福吉にある、自然農で営まれている田んぼにて、毎年お米に触れています。

今年は、10月31日から、4日間かけて、

のこぎり鎌をつかい、稲刈りをし、それを稲藁で束ね、はざかけしていく作業をみんなで行いました。日々口にする食べもの。

この命を育む、お米という命のいとなみを感じることこそ、とても大切なことなのだと思います。

March 17, 2016

毎年恒例のわくわくバザーる♪

今年はわくわく4周年!

そして、初のえんでの開催となり大盛り上がり!!

(例年、公民館をお借りしていました)

たくさんのご来えんありがとうございました。

えん児たちは、バザーるの前になると、

折り紙の飾りつけを行ったり、ほうきやぞうきんがけで大掃除を行いました。

そして、毎年楽しみにしているかくれファンも増えつつあると噂の、染め部による“染めもの”。

今年も大大大好評でした。

この藍や自然の植物たちによる染めは、

わくわく在えん児のかあちゃんが中心となり、

無理せず、できる人・行ける人で協力し合いながら、

てぬぐいやふんどし、...

Please reload

Get Updates

I'm a paragraph. Click here to add your own text and edit me. Let your users get to know you.

 

*えん児募集のおしらせ*
募集・入えんにつきましては、随時行っておりますが、​
まずは、1度ご来えんいただき、子どもたちやスタッフと共に、時間を過ごしてみてください。
そのなかで、お子さんにとって必要なことや大切なことを感じたうえで、ご検討くださいませ。
​ ご予約・お問い合わせはコチラ
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now